INVESTOR RELATIONS

Disclosure Policy ディスクロージャーポリシー

基本方針

株式会社マツオカコーポレーション(以下、「当社」という)は、株主・投資家の皆様に、正確な情報を誠実、公平かつ迅速にお伝えすることを基本方針としております。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法・会社法等の諸法令(以下「諸法令」という)ならびに、東京証券取引所等の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に従い、適時・公平・正確・明瞭・継続を基本とした、情報開示を行います。また、諸法令や適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様にとって有益であると判断されるものにつきましては、適時・公平・正確・明瞭・継続を基本に開示します。

情報開示の方法

当社は、東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っております。適時開示規則の開示基準に該当する情報につきましては、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公開するとともに、同一情報をすみやかに報道機関に提供し、当社ホームページにも遅滞なく掲載することとしております。
また、開示基準に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様にとって有益であると判断されるものにつきましては、積極的に開示してまいります。

インサイダー取引の未然防止

インサイダー取引の未然防止を図るため社内規定を定め、社内研修を行い、役職員への周知徹底を行っております。

将来の見通し

当社では、東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、投資家や証券アナリストの皆様が自ら当社の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。また、講演、質疑応答、当社の発行する書面、ホームページ記載内容等には、現在の計画、見通し、戦略などが含まれている場合があります。
いずれの場合におきましても、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいています。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期決算および決算発表までの数週間を沈黙期間としています。この期間内は、決算等に関連するコメント、ご質問等に関する回答は差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に発生した業績予想との差異が適時開示規則に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、適宜、プレスリリース等により情報開示を行います。

社内体制の整備

当社は、ディスクロージャーポリシーを適切に運用し、適時開示規則に従い、適時・公平・正確・明瞭・継続を基本とした情報開示を実行する体制を構築し維持します。

PAGE TOP